転職先が療養型病院の場合は?

薬剤師転職 → 薬剤師転職-療養型病院について

薬剤師転職-療養型病院について

受け入れる患者さんの症状により、病院の種類は異なります。慢性的な症状の患者さんに対する治療を行っており、状態が急に変化する可能性が低い患者さんを多く抱える病院を「療養型病院」と呼びます。

療養型病院は、その性質から比較的ルーチン的な作業が多く、現場が慌しくなることは少ないでしょう。予定された作業を的確にこなしていく技量が求められると言えます。薬剤師として働きたいが、あまり多忙な職場は避けたい、という方にはお勧めできる環境です。

療養型病院においては、処方箋や薬の内容が大きく変わったりするケースは少ないので、自分の得意とする分野を確立することによって、余裕を持った仕事をすることが可能です。ただ、療養型病院で勤務すると、どうしても知識や技術が偏りがちになる傾向は見受けられます。

給与や福利厚生等の条件だけでなく、研修制度等が充実しているかという情報についても注意しておくことが大切です。自分自身のステップアップのため、将来的に療養型病院から別の病院への転職を考えている方は、特にその辺りを気にされた方がよいでしょう。

療養型病院は求人の数自体もそれ程多くない為、上記のような条件を備えた求人となると、尚更見つけるのが大変になってきます。そんな時に役立つのが、薬剤師専門の求人・転職支援サイトです。薬剤師求人情報に特化しているので、一般には公募されない、いわゆる非公開求人の情報も保有しています。

療養型病院の求人は少ないから‥とあきらめることはありません。専門のスタッフから話を聞いてみるだけでも、情報収集のきっかけになります。また、このようなサイト特有の非公開求人情報の中に、自分の希望に合った求人情報が存在する可能性も大いにあります。

療養型病院にも、病院のポリシーや診療科の違い等で、様々な種類があります。自分が療養型病院の薬剤師としてどんなことをやりたいのか、ビジョンを明確にしておくことが理想の求人先を見つける際に、大変重要と言えるでしょう。

薬剤師転職-総合病院について

総合病院とは、地域医療の拠点として、患者さんの様々な症状に対応を行う医療機関です。「風邪みたいな症状だけど、何か原因がはっきりしなくて…」というような患者さんが、まず訪れるのが総合病院と言えるでしょう。

総合病院の場合、勤務する職員の数も多く、各分野の専門スキルを持ったスタッフが常駐しています。患者さんにとっては、1つの病院で対処を行ってもらえるというのは、時間的にも費用的にもありがたいことです。それだけに、総合病院の利用者数は多く、そこで勤務するスタッフにも確かなスキルが求められます。

総合病院で薬剤師として勤務を希望する方は、薬に対する幅広い知識と対処方法を身につけておく必要があります。単に一薬剤師としてだけではなく、総合病院のスタッフとしての責任も重大になってきます。総合病院においては、様々な研修・教育が行われることが多く、自己のスキルアップの環境は充実しているといえるでしょう。

総合病院の場合、確かに全国的な規模で見ると、その数は多いのですが、地域に限定した場合、就職先の選択枝はかなり狭まってしまいます。場合によっては、地域にこだわらずに就職先を探すことも必要になってきます。

総合病院の薬剤師求人を探している方に役立つのが、求人サイトの中でも総合病院や地域に限定した求人情報を扱っているようなサイトです。こういったサイトは、上記の求人情報に特化しているので、豊富な求人情報を保有しています。

特に地域にこだわらない、という方には、全国規模の求人情報を扱っているサイトもあります。いくつかのサイトを見比べてみるというのも良いでしょう。

スタッフの数が多い総合病院ですが、それでも常に求人情報を出しているという訳ではありません。時期によっては求人を行っていないことも有り得ます。上記のようなサイトを有効に活用して、総合病院の薬剤師求人情報を効率的に収集しておきましょう。自分の希望に合った就職先を見つける力強い味方になってくれます。